目的別ドッグフード

犬が腎臓病にならないよう水をたくさん安全に飲ませる方法

愛犬に、安全なお水をたくさん飲ませるには、

ステンレス製のウォーターボウルを使い、季節を問わず、

なるべくこまめに洗って水を交換する方法がベストです。

 

1.犬が腎臓病になるのは水飲まないから?

ケージにつけてる給水器を使うと、犬が必要な量の水を飲めないので、だめです。

ケージにつけてる給水器

犬は、舌の下側を使いながら、水をすくって飲みます。

給水器から飲むと、舌の上に直接水が触れるので、

飲んだ量の感覚がわかりません。

その結果、飲む水の量が足りなくなって、

出る尿が少なくなり腎臓に負担がかかることになります。

 

2.アマゾンで売ってる『ヘルスウォーターボウル』は犬の腎臓病予防になる?

『ヘルスウォーターボウル』という陶器製のボウルの効果には、個体差があります。

ヘルスウォーターボウル

犬や猫のウォーターボウルとして、

「ヘルスウォーターボウル」という食器が市販されてます。

説明書にも記載があるように、

以前とは比べ物にならないくらい、驚くほど水分摂取が増えた犬もいれば、

まったく効果なく、オヤツやトッピング用のボウルとして使っている犬もいます。

どうやら、効果には個体差があるようです。

もちろん、

効果を感じていれば、継続して使ってもいいのですが、

そこには、次の落とし穴があるので、注意して使用してください。

 

3.犬が腎臓病にならないために食事にはどんなウォーターボウルを使えばいいのですか?

ステンレス製のウォーターボウルを使うのが、正解です。

EAAP2018

2018年8月27~31日に、クロアチアのドブロニクで開催された動物科学に関する学会、

EAAP2018『69th Annual Meeting of the European Federation of Animal Science』

この中で、イギリスのハートピュリー大学が発表した

「犬用ウォーターボウルにおける健康に有害な細菌増殖に関する研究」

ステンレス製、セラミック製、プラスチック製の3つのボウルで、

細菌の繁殖を比較しています。

出典;Hartpury University news「LIFE-THREATENING BACTERIA THRIVES IN PETS’ WATER BOWLS, HARTPURY EXPERTS DISCOVER 12TH SEPTEMBER 2018」

Hartpury University news

犬のウォーターボウルには、

犬や人の健康を脅かす細菌が発生する懸念あることは、ご存知と思います。

最も多かったのがプラスチック製のボウルでした。

大腸菌やサルモネラ菌、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)といった有害な細菌は、

セラミック製のボウルで最も多くみられたそうです。

しかし、

ステンレス製のボウルだからといって、洗浄しないままでいれば、

細菌はいとも簡単に増殖していきます。

安全な水を、犬に飲ませるには、

シンジロー
季節を問わず、なるべくこまめに洗って水を交換することを、おすすめします。

 
【関連記事】
▼目的別ドッグフードまとめはこちら

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

\この記事はどうでしたか?/

-目的別ドッグフード

© 2020 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!