主原料別ドッグフード

乳製品アレルギーの犬にはヨーグルトもダメなの?

犬は、人間の10倍以上ものカルシウムを必要とするからです。

犬に必要なカルシウムをどうやって摂らせるかを書いています。

 

1.カルシウムの補充が何故乳製品からなの?

の一日の必要カルシウム摂取量を日常的に摂るためには、

乳製品が有効なカルシウム供給源だからです。

カルシウムの補充が必要な犬

すると、

体重10kgの犬では、普通の牛乳約800mlは飲まなければならない。

ちょっときつい。

骨でも、適度な大きさ・硬さで安全なものの入手は、難しい。

ドッグフードには、炭酸カルシウムなどが含まれてはいるが、

乳製品には、体に吸収されやすい乳酸カルシウム以外にも、

ビタミンや乳脂肪、乳蛋白が豊富なのだ。

しかし、

シンジロー
問題になるのが乳糖の存在なのです。

 

2.成犬は基本的に乳糖不耐症である

「乳糖不耐症」とは、牛乳を沢山飲ませると下痢をしたりするので有名。

食物不耐症の一種ですね。

乳糖不耐症の犬

成犬は、牛乳に多く含まれる乳糖を分解消化する酵素(ラクターゼ)を、

十分に作らないことが原因です。

仔犬時代は、酵素(ラクターゼ)が作られるため、

母犬の母乳を飲むことができます。

しかし、大きくなるに従って、乳糖分解酵素の分泌量が減少してしまう。

シンジロー
それだけでなく、成犬には牛乳アレルギーもあります。

 

3.牛乳アレルギーは牛乳だけに気をつければいいの?

いいえ、チーズやヨーグルトのような発酵加工食品であっても、

牛乳アレルギーを引き起こす可能性が高いです。

牛乳アレルギーの犬

牛乳アレルギーの原因は、乳糖不耐症とは違って、

ガゼインと呼ばれるタンパク質に対する免疫反応です。

牛乳アレルギーを持った犬は、牛乳以外の動物のミルクにも、

アレルギー症状を示す可能性があります。

だから、

シンジロー
牛乳を、無理に飲ますのは控えましょう。

 

4.成犬のおすすめの乳製品は?

乳糖不耐症の人間用に販売されている乳飲料が、一番おすすめです(^^)/

成犬のおすすめ

 

①ヤギ乳は乳糖が少ないとは言ってもダメな犬もいる

ヤギ乳は、乳糖が少ないので、牛乳の代替品として定番になっていますね。

でも、

含まれる乳糖の割合は、牛乳より約1%少ないだけ。

だから、

シンジロー
ヤギ乳でも問題を起こす犬がいるのは当然です。

 

②成犬用ミルクや粉ミルクはよく見てから

ネットなどで「成犬用ミルク」として販売されています。

これ、成分表示がないものが多くて、ぜんぜん信頼感に欠けます。

それに対して、

「犬用の粉ミルク」は、乳糖を調整あるので、

ワンちゃんでも、お腹を壊したり嘔吐する事も殆どありません。

ただし、

「ヤギの粉ミルク」で乳糖を調整してないものは、

アレルギー症状は少ないかもしれませんが、お腹を壊す子もいるかも。

 

③乳糖不耐症の人間用に販売されている乳飲料が一番

牛乳が苦手な犬

値段も安いし、スーパーで手軽に入手できるし、おすすめです。

あらかじめ大部分の乳糖が分解されているので、

まず問題を起こしにくいです。

 

⑤砂糖不使用ヨーグルトは大丈夫?

乳製品にアレルギーのない犬であれば、

無糖ヨーグルトは体にもいいし、大丈夫です。

ヨーグルトには腸内の善玉菌を増やす働きがあり、犬にも効果的です。

便臭が減り(オナラも臭わなくなる)、口臭予防の効果もあります。

もし、犬が食べ難そうなら、

コーヒーのペーパ―フィルターやキッチンタオルで、

水切りヨーグルトを作るとチーズケーキぐらいの硬さになり、食べやすいです。

シンジロー
おまけに、滅茶苦茶食い付きが良いです(^^♪

 

⑥塩分濃度が高いことを注意すればチーズもいい

いろんなチーズがありますが、チーズは比較的おなかを壊しません。

プロセスチーズは、カルシウムが多い。

チェダーチーズ、スイスチーズ、パルメザンチーズは、乳糖の量が少ない。

食べても、お腹を壊したり嘔吐することも殆どありません。

ただし、

シンジロー
バターは、調理用の無塩バター以外は 塩分濃度が高いでので注意!

 
【関連記事】
▼主原料別ドッグフードまとめはこちら

\この記事はどうでしたか?/

-主原料別ドッグフード

© 2020 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!