ドッグフードの安全性

安全なドッグフードの見極め方の極意

賢い飼い主さんが、良いドッグフードを見極める方法があります。

高いフードであれば良いフードというわけではありません。

しかし、飼い主の心理として、値段が高くて評判の良いフードの方が安心感がありますよね。

フードは高ければ良いというものではないことも知ってるけど、

安いフードに良いものはないということを、経験から知っているからなんですね。

でも、良いドッグフードを見極めるに、すべてのフードを愛犬に食べさせるわけにはいきませんよね。

ここでは、安全で良いドッグフードの見極め方として2つの方法を書きます。

 

1.安心なドッグフードはThe Whole Dog Journal 誌の選定基準で選ぶ

みんなお利口さんなのでドッグフードあげよう

ペットフード先進国でもあるアメリカでは、WDJ(Whole Dog Journal)というアメリカで最も権威のある犬の雑誌が、毎年おすすめのドッグフードメーカー名を発表しているのです。

また、信頼できるおすすめドッグフードランキングなどいうサイトも多くあります。

WDJは、有料の雑誌ですが、広告料をとってい ないので、

公平な目線で信頼できるおすすめドッグフードのランキングを毎年発表できるのですね。

その選定基準には、肉は副産物を含まないフードを選ぶなど、私たち飼い主が参考となる基準です。

The Whole Dog Journal 誌のドッグフード選定基準

  • 高品質の動物性タンパク質を多く含んだものを選びます。
  • 副産物副産物(肉以外の部分。内臓や皮や毛など。)や、家禽副産物を含むフードを認めません。
  • どの種類のものか明示しない脂肪分やタンパク質を含むものは 認めません。
  • 質の良い穀物や野菜を使用したものを選んでいるか。
  • 人工着色料・香味料・防腐剤を原材料に含むものは認めません。
  • 甘味料が加えられているものは認めません。
  • オーガニック(有機)な原材料を使用したものを選びます。

 

2.おすすめのドッグフードならDogfood Analysis のランキングを参考にする

二人ともドッグフードが大好き

Dogfood Analysis

上から6 star か 5 starの2つのランクがプレミアムクラスです。

このクラスになると、じゅうぶんな栄養価があり、良質で安全な材料を使用していると評価されています。

 

その他、

ココに注意

フードの原材料だけでなく、開封してから酸化した食品ほどヤバイ物はありません。

そのためには、ブリーダーズパックのような1カ月以内で消費できない大量パックは買わないこと。

また、1カ月以内で消費できる袋でも、開封後はジップロックなどに小分けし、

冷暗保管して、酸化に注意してください。

シンジロー
しかし、どんなに最高なフードでも、愛犬に合わなかった場合は他のものに変えましょう。

合わないものを与え続ければ、愛犬の体調不良になります。

フードの品質のせいではなく、そのワンちゃんの体質なので仕方がないですね。

 
【関連記事】
▼ドッグフードの安全性まとめはこちら

\この記事はどうでしたか?/

-ドッグフードの安全性

© 2020 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!