ドッグフードのABC

アメリカのドッグフードのランキングと日本のドッグフードランキングの大嘘

アメリカには、公正な機関のランキングサイトがあるので、とても参考になります。

ドッグフードは、日本より、アメリカや欧州のほうが先進国です。

研究、開発も盛んです。

民間でも、The Whole Dog Journal(WDJ)というアメリカで最も権威のある犬の雑誌は、

推奨ドッグフードのランキングを毎年発表しています。

有料の雑誌ですが、広告料をとっていないので、公平な目線で評価され、

ランキングは信頼されているのです。

 

1.本当に良いドッグフードはWDJで推奨されているドッグフード

上記のランキングで、最高6ッ星~最低1ッ星の間で、4ッ星は欲しいところです。

  • 6ッ星(プレミアム)
  • イノーバエボ、オリジン、アーテミス、Go!ナチュラル、ウェルネスコア

  • 5ッ星(プレミアム)
  • アナカ、イノーバ、アーテミス、ブルーウィルダネス、ビフォーグレイン、バイナチュラル、フロムフォースター、ティンバーウルフ

  • 4ッ星(プレミアム)
  • カリフォルニアナチュラル、アーデンガレージ、アボダーム、ブルーバッファロー、バイナチュレ、ロータス、ナチュラルバランス

  • 3ッ星
  • ブラックウッド、ニュートロ、その他多数

     

    2.WDJのドッグフードランキングで推奨されないフードは?

    1ツ星の推奨されないフードとして有名なのが、サイエンスダイエットですね。

    いくら安いからといっても

    理由は、添加物という口コミがあります。

    匂いもきついし、ビートバルブが入っていたり、はっきり言って悪評が多いです。

    カビを防止するためだけなら、添加物も自然由来のものがありますが、

    シンジロー
    これはメーカーの考え方なのでしょう。

     

    3.着色料ひとつとってみても安全なドッグフードメーカーかわかる?

    ランキング上位のアメリカ産輸入フードは単色ですが、

    国産フードには緑色など着色料が色々で、ランキングの信頼性がわかります。

    安いドッグフードほど食いつきがいい

    犬は、色を人間ほど識別できません。

    フードに色を付けるのは意味がなく、人間が買うときの購買意欲を上げるためだけです。

    着色料などは必要ないという厳しい条件で、ドッグフードのランキングを発表しています。

     

    4.日本のドッグフードランキングの大嘘

    日本のどこのランキングサイトも、カナガンドックフードを褒めすぎだと感じます。

    素敵な犬

    確かに、

    普段から匂いの強いフード、味の濃いフードに慣れていると、

    いざ良質なフードを与えたときに、口にしなかったりします。

    この場合、

    うちの犬が食べようとしないため、購入者レビューは低評価です。

    カナガンが悪いフードだとは、一概に言えません。

    しかし、

    良いフードというのは、犬に合うフードなのは違いないので、

    シンジロー
    フード選びが難しい訳です(^^♪

     
     
    【関連記事】
    ▼ドッグフードのABCまとめはこちら

     

    \この記事はどうでしたか?/

    -ドッグフードのABC

    © 2020 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!