ドッグフードの安全性

評判の悪いドッグフードは何?悪い理由は何?

評判の悪いドッグフードには、定番があり理由もはっきりしていますが、

なかには、誤解で悪い評判のフードもあります。

 

1.評判の悪い3つの定番ドッグフード

評判の悪い定番ドッグフード

①ロイヤルカナン

ロイヤルカナンが評判悪いというのは、合成酸化防止剤のBHAを使用しているためです。

メーカーは、微量なので大丈夫とのコメントを出していますが、

シンジロー
BHAは気にする人は気にします。

BHAは発ガン性の疑いのあるものなので、フードを変えようと考えている人が多いんでしょう。

また、

それだけ、ロイヤルカナンがたくさん売れている証拠でもあるんです。

もし、酸化防止剤で気に入らなければ、

自然由来ローズマリー抽出物などの酸化防止剤を使用しているフードが良いでしょう。

でも、

こっちの酸化防止剤は、BHAに比べると弱いので、

シンジロー
開封後は、1ヶ月程で使い切るようにしてくださいね(^^♪

 

②カナガン

このドッグフードの評判が悪い理由は、販売方法にあるようです。

小袋サンプルの配布とうたって広告を流し、集客できたら、

小袋ではなく2kgくらいの袋のフードを、タダ同然で送りつける。

販売戦略の一つだとは判っていても、

飼い主さんは、会社の素性に不安を感じてしまうところからの悪評ようです。

シンジロー
残念だと思います

 

③サイエンスダイエット

評判の悪い口コミが、一番多いフードがこれです。

フードの材料として成分的には、別に悪くないです。

ただ、

フードのニオイがいまいちで、油っぽいと言う口コミが多いのは確か。

値段的に、1kg当たり500円を切る値ごろ感で、たくさん売れている。

並行輸入品も、市場に出回っているわりに、

酸化防止剤が、自然由来のものに変わっている。

当然に、酸化防止力が弱いので、酸化やカビなどの発生の問題も。

もし、

サイエンスダイエットを与えるなら、

シンジロー
開封したら1ヶ月以内に食べ切るようにしてください<(_ _)>

 

※番外編『ビタワン』

どこのホームセンターにもあって、1kg当たり500円を切る値段で、

入手性から言うと文句なし。

静岡工場生産を前面に出しているのも、売れる理由でしょう。

でも、ネットでは評判悪いんですね。

シンジロー
ガツガツ食べる犬多いんですがね。

 

2.悪い評判のフードになる2つ誤解

評判の良くないドッグフードなのに、本当は誤解だというケースもあります。

評判の良くないドッグフード

①うんちの量に関する評判の誤解

うんちの量は少なく、ほとんど糞が匂わないフードが良いフードだと誤解しています。

同じ量のフードを与えても、

メーカーによってうんちの量は違うものです。

例えば、

原材料が良いアカナとオリジンは、

うんちの量は割と多く、軟便になりやすい。

ニオイは普通。

でも、

ナチュラルチョイスは、うんちがコロコロです。

ニオイは、割と少ない。

一方、

アイムスは、うんちの量が大量です。

ニオイは、臭い。

シンジロー
と言うように、原材料とうんちの量は関係ありません。

 

②安いフードの方が嗜好性性をあげてあるための誤解

安いフードは、食いつきが良い様に、嗜好性性をあげてあるためです。

高いフードの方が、最初は食いつきが悪かったりします。

だから、

食いつきが悪いからと言って、ダメなフードだという

シンジロー
短絡的な評判には注意しましょう(*_*)

 

3.もし評判の悪いフードから切り替えるなら・・・

今、愛犬に食べさせているドッグフードが、評判の悪いフードなので、

フードを切り替えること自体には、何の問題もありません。

フードを切り替えるなら

でも、

新しいフードが、愛犬にあっているかも注意してください。

ペットショップでもらうサンプルは50gくらいです。

それだけでは、愛犬との相性はわかりません。

最初は、小さなサイズを買うほうが無難です。

1週間くらいかけて、

シンジロー
ゆっくり切り替えてあげてください(^^)/

 
【関連記事】
▼ドッグフードの安全性まとめはこちら

\この記事はどうでしたか?/

-ドッグフードの安全性

© 2020 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!