外国産ドッグフードの評判

シーザーの評判は積極的におすすめできるドッグフードではなかった

こんにちは、シンジローです。

愛犬が、ドッグフードを食べない時に、そっと上に乗せるウェットフード。

シンジロー
食いつきだけはいいのが、シーザーです。

 

1.ドライフードが嫌いな子向けのウェットフード

シーザー3

普段は、ドライフードを食べる子も、急に食べなくなってこまる時が来ます。

だいたい、飽きてるのではないですが、生育期に多いようですね。

ふやかしたりしますが、食べなければ、とりあえず食器を下げます。

そんな時に重宝するのが、シーザーみたいなウェットフード。

ドライフードに混ぜると、かなり嬉しそうに食いつくんですね。

シンジロー
ドライフードだけ、避けたりする子もいますが・・・。

 

2.シーザーに使われている肉類が不明

原材料の表記には、肉類(チキン、ビーフ等)と書かれています。

主原料は動物性タンパク源であるのはわかりますが、「等」の表記が気になります。

「等」は、「チキン・ビーフ以外の肉類」という意味なので、品質面に不安があります。

シンジロー
AAFCOが定めるタンパク質の最低基準も満たしているので、残念な点です。

 

3.シーザーのいけない点は発色剤を使用していること

シーザー2

発色剤として、「発色剤(亜硝酸Na)」が使われています。

犬は、色で食べ物を判断してません。

人が見て美味しそうに着色しているだけです。

つまり、着色しなければ、粗悪に見える食材を使用しているのかと疑いたくなります。

シンジロー
また、亜硝酸Naのような化学物質は、犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

4.成酸化防止剤は使用されていないので安心

シーザー1

シーザーは、天然の酸化防止剤であるビタミンEを使っています。

愛犬の体に悪影響を及ぼしかねない合成酸化防止剤は、使用されていないようです。

シンジロー
発色剤と同じように、人工的に合成された化学物質は、生き物にとって危険です。

 

5.まとめ

シーザー4

原産国はオーストラリアにもかかわらず、

・使われている肉類が不明
・発色剤を使用している

ことから、積極的におすすめできるドッグフードではありません。

たしかに、アメリカでも評判は著しく悪いようです。

 
【関連記事】
▼外国産ドッグフードの評判まとめはこちら

世界一の賞を受賞したペットフード【ORIJEN】

世界一の賞を受賞したペットフード「ORIJEN」

「ORIJEN」は85%~90%も肉が原材料

ビタミン・ミネラル等の栄養素はたっぷり新鮮な肉から

グレインフリーで、しかも犬にとって不必要な炭水化物を減らしたフード

WDJでランキング上位の優秀なオリジンは、インスタグラムなどで工場での動画などを出しています。

ドッグフードのメーカーでこういう動画を出すのは珍しく、WDJで信頼できるメーカーとして評価されています。

\この記事はどうでしたか?/

-外国産ドッグフードの評判

© 2020 【ドッグフードジプシーはだめだワン!】評判のグレインフリーを選ぶ評価ポイントはこれ!